園の日記


令和3年 7月28日(水)~30日(金) 四条中学校プール活動(幼児グループ)

四条中学校のご厚意により、幼児グループの子どもたちは3日間プール活動が出来ました。ボランティアで西山高校の高校生20人も参加してくれました。最初はプールの大きさや水の深さに戸惑っていた子どもたちも少しずつ慣れ、浮き輪を外して高校生と一緒に泳いだり、バタ足の練習をしたり---と楽しんでいました。日焼けした子どもたちの笑顔は今までより逞しくなりました。

 


7月7日(水) 七夕まつり

今日の献立

☆コーンごはん

☆柳川風煮

☆コールスローサラダ

☆すまし汁

~おやつ~

☆牛乳

☆七夕ゼリー

今日は七夕なので、星型に切り抜いた人参をのせたすまし汁と、星型のオレンジを入れた七夕ゼリーにしました。「おほしさまはいってるよ」と嬉しそうに食べている子どもたちでした。


令和3年7月3日 45周年創立記念の集い(右京ふれあい文化会館)

右京ふれあい文化会館で、45周年創立記念の集いを開きました。職員による出し物「ガチャガチャバンド」の演奏や西院保育園の45年の歩みをスライドで映しながら、職員が色んな思い出を話しました。スライドを見ながら保護者の方も「うあ~」とか「〇〇先生変わらへんなぁ。」と盛り上がりました。職員コーラス「スマイル」も子どもたちと一緒に歌い、最後は子どもたちも舞台に上がって全員で「西院保育園だいすき!!」とコールして、笑顔いっぱい和やかな中終えることができました。

 

 


令和3年7月1日 木嶋曉子園長先生ありがとう会

開園当初から「一人ひとりの子どもたちに生命の尊さを」の保育方針のもと、子どもたちを見守り、保護者を支え続けた木嶋曉子先生が6月末で退職となり、子どもたちと職員で「ありがとう会」を行いました。子どもたちからは絵のプレゼント、木嶋先生からのリクエストで「ちょっと待って流れ星」を歌いました。職員からは「謝辞」そして感謝の気持ちを込めて花束を渡しました。45年間本当にありがとうございました。お疲れ様でした。


令和3年6月9日 お弁当の日(ちょうちょグループ)

三反田公園へ歩いて出かけました。ちょうちょグループの子どもたちは憧れのリュックを持って出かけることを楽しみにしていました。友達と手をつないで歩き、横断歩道では自然と手を挙げて渡る子どもたち。公園ではジャングルジムに登ったり、手づくり凧を持って広場を思いきり走って遊びました。

 


令和3年5月18日

保育園のポストに「たけのこの皮の手紙」が届くと、中には妖精文字が書かれていました。

「何て書いてあるんやろ?」と首をかしげている幼児グループ。妖精文字表を見ながらキリングループの子どもたちが一所懸命解読してくれました。比叡山の妖精きららちゃんからキリングループに来た手紙ということが分かり、子どもたちは大喜び。宿泊保育で「きららちゃんに会いに行こう!」と張り切っています。


令和3年5月7日

キリングループが4月27日に「たけのこ掘り」に出かけました。収穫したたけのこは子どもたち一人ひとり抱えて家に持ち帰りました。保育園ではパンダグループが皮むきをしてくれました。「皮って固いな。」「ひげみたいなの、ついてるで。」「どこまでむくの?」「こんなに小さくなったぁ。」と友達同士話していました。

おやつのたけのこおにぎりはとても美味しかったです。

大きなたけのこは、玄関にオブジェのように飾っています。


令和3年4月21日 

キリングループの子どもたちが「玉ねぎ染め」をしました。白い布を2~3か所輪ゴムで止めて、鍋に玉ねぎの皮・ミョウバンを入れた湯を沸かし、その中に子どもたち一人ひとりが布を入れて染めていきました。「輪ゴムとめるのむずかしい」とか「もう鍋に入れていい?」「どんな色になるんやろう?」などおしゃべりしながら楽しく取り組んでいました。

 


令和3年4月15日 分園(ありグループ)の様子

入園して10日余り経ち、慣らし保育も順調に進んでいます。初めての保育園生活で、泣き声が響き渡っていた保育室も少しずつ静かにゆったりした時間が流れるようになってきました。保育士に抱っこされ歌を歌ってもらったり、うつ伏せになり子ども同士見つめあったり、おもちゃに手を伸ばす姿も見られます。

離乳食や授乳の時間も美味しそうに食べてくれるので、給食室も喜んでいます。「食べることは生きること」食を大切に、家庭と連携し進めていきたいと思います。

19日(月)~は通常保育が始まります。これから心地いい季節、本園に行き異年齢児との交流をしたり、自然に触れる機会も持ちたいと思います。

 


令和3年4月9日

新年度(令和3年度)が始まりました。

職員手づくりの階段壁面に迎えられ、10名の子どもたちが入園しました。在園児もそれぞれ進級し、元気に過ごしています。

キリングループの子どもたちは、引き出しや荷物かけのマークを自分で作り、年長児になってますます張り切っています。


令和3年3月25日 食育のお話(キリングループ)

令和2年度の保育もあと数日となりました。今日はキリングループの子どもたちにとって「食育のお話」の最後の日。

給食室の先生から絵本の読み聞かせをしてもらって、とても楽しんで聞いていました。「食べることは生きること」と、今まで保育園で毎日たくさんの給食や手づくりおやつを食べ色んな味に親しんできたこと。 行事食を通して日本の文化に触れてきたこと。自分たちで育てた野菜が美味しかったことを忘れずにいてほしいです。

春の訪れとともに、タケノコが出てくる季節。土の中からしっかり形を作り、栄養を蓄え成長します。子どもたち一人ひとりも卒園・進級を迎え、タケノコのようにまっすぐ大きく成長してほしいと思います。


令和3年3月9日 関西盲導犬訓練センターより来園

毎年、園と保護者会共催のバザーの収益の一部を寄付させていただいています。今年はバザーがコロナ禍で中止になりましたが、保護者会と園で協賛金を出させていただきました。関西盲導犬訓練センターからは盲導犬のへの理解を深めるために、訓練士の久保さんと盲導犬のヘーゼルが来てくれました。

ハーネスをつけている間(お仕事中)の盲導犬ヘーゼルには、大きな声を出。さない・声をかけない・触らない・食べ物を見せないという4つの約束があることを教えてもらいました。

ハーネスをはずしている盲導犬に触らせてもらい「サラサラしてる。」「気持ちいい~。」と感触を確かめていた子どもたちです。「どんな訓練をするの?」「何を食べるの?」などの質問にも丁寧に答えてもらうと、とても真剣に聞いていました。

最後に、キリングループが代表として「盲導犬のために大切に使ってください。」と渡してくれました。

 


令和3年3月3日 ひなまつり会

ひなまつりの給食メニュー

ひなまつり寿司

スティック野菜

赤だし

2色のカルピスゼリー

 

ひなまつり寿司は甘辛く炊いた鶏そぼろをはさみ、菜の花、ラディッシュを飾り「春」をイメージした彩りにしました。

カルピスゼリーはオレンジゼリーとカルピスゼリーの2層になっていて、桜のようなピンクのイチゴジャムが入っています。

「わぁ~、見て。なかにイチゴはいってる~。」と、子どもたちは嬉しそうに食べていました。

おやつには「手づくりひなあられ」ひなまつり会で「むかしむかしのひなあられ」の紙芝居を見ていた子どもたちは大喜び。

「青のり・きなこ・桜でんぶ」の小さなかわいい3色あられを美味しそうに食べています。

降園時は、自分で作ったおひなさまを持ち帰り、嬉しそうでした。


令和3年2月26日 おひなさま🎎作り(幼児グループ)

うさぎ・パンダ・キリングループに分かれて「おひなさま」を作りました。キリングループは折り紙を使って,友だち同士折り方を教え合いながら楽しんでいます。パンダグループは紙コップにマジックで描いたり折り紙をはさみで切って貼ったり、うさぎグループは綺麗な千代紙を選んで着物にしたり、一人ひとり違う素敵なおひなさまが出来上がりました。


令和3年2月19日 新聞紙遊び(ありグループ)

保育士や花園大学から来ている保育実習生と一緒に遊びました。実習生が作ってくれた新聞紙ツリーで遊んだり、ビリビリとちぎったり、パラパラ~とまいたり、みんなで寝転んだり、笑顔いっぱいで楽しんでいました。


令和3年2月19日 お知らせ(子どもの安心安全について)

緊急事態宣言が3月7日に解除される予定ですが、感染拡大防止のために3月末まで全園児通用門での受け入れを継続します。

ご協力をよろしくい願いします。


 

令和3年1月18日 あり・てんとうむしグループ

進級に向けての園内交流日。あり・てんとうむしグループは園庭で砂遊びをしました。友だち同士で一緒に関わるのはまだ少し難しいですが、同じ場所に集まってお皿を並べて砂を入れたり・・・楽しく遊ぶ子どもたちの姿が見られ成長を感じます。

前日、幼児グループが「寒いし、氷できるかも?」と園庭に水を入れたバケツを置いていました。すると見事に氷が張っていて子どもたちは大喜びです。あり・てんとうむしの子どもたちもバケツに手を入れて、氷をつかんで見せてくれたり「つめたいなぁ。」と言っては何度も触って氷の感触や水の冷たさを感じながら遊んでいました。

 


令和3年2月12日 幼児グループ

幼児グループで育てた水菜・芽キャベツをキリングループが収穫しました。水菜は3回目。ハサミで上手に切っていきます。

芽キャベツの収穫は初めての経験で「うまく取れへん。」「どうしたらいいんやろ?」と考えながら収穫していました。

カリフラワーの仲間のロマネスコもまるでサンゴ礁のようなきれいな形で順調に育ってきて収穫が楽しみです。

収穫だけでなく「大きな葉っぱやなぁ。」「形がおもしろいなぁ。」「葉っぱに線がいっぱい入ってる。」と、保育士と並んで絵を描き色を塗って楽しんでいる子どもたちもいました。完成した絵を掲示してもらってとても嬉しそうです。

収穫した水菜・芽キャベツは給食の野菜豆乳汁で美味しく食べました。


令和3年2月5日

今日のおやつは新メニューの「バナナケーキ」です。卵、牛乳を使わずに豆乳とバナナで仕上げたふわふわのケーキです。

子どもたちは口にほおばり、嬉しそうにパクパクと食べていました。


令和3年1月29日 乳児グループ

ありグループは抱っこしてもらってふれあい遊びを楽しんだりおもちゃで遊びました。てんとうむしグループは「カプラ」でお友だちといっしょに楽しんでいました。みんなでたくさんカプラを並べると、橋に見立て「渡れたぁ。」「落ちちゃった。」と歩いて遊んでいます。

ちょうちょグループは園庭とまろやかルームを行ったり来たり。園庭でお友だちと「電車乗っていこう。」と縄跳びで電車ごっこを始めたり、まろやかルームでは、保育士に自分たちで選んだ絵本を読んでもらったり、楽しく過ごしました。

 

 


令和3年1月29日 

保育園で手洗い指導に最適な練習グッズを購入しました。

その名も「手洗いマスター」 UVライトで照らすと、洗い残しが一目で分かります。

冬になると手洗いがいいかげんになりがちですが、しっかり手を洗い「手洗いマスター」を活用し、コロナ対策・感染症対策をしていきます。

どんなところに菌が残りやすいか、手首・爪の根本・手の甲・指の間に注意し、手洗い指導もしています。

 


令和3年1月14日 お弁当の日

幼児グループは太秦安井公園、てんとうむし・ちょうちょグループは比輪田公園、ありグループは西京極のアクアリーナに

それぞれ出かけました。前日の寒さも和らぎ陽射しの暖かさを感じ、ありグループの子どもたちも芝生の坂をハイハイで登る姿が逞しくなり、成長を感じました。たくさん遊んで保育園に戻り、手作りの愛情こもったお弁当を食べていた子どもたちです。


令和3年1月5日 保育はじめ 子ども新年会

「新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくおねがいします。」子どもたちの明るく元気な声が保育室に響き、令和3年が始まりました。子どもたちの笑顔が見られてとても嬉しく思います。子ども新年会では十二支のお話で「今年は何年?」「自分たちは何年かな?」クイズに挑戦したり、給食室の先生から「どうして栗きんとんや黒豆を食べるのか知ってる?」と御節の由来を分かりやすく教えてもらいました。


令和2年12月25日 クリスマス会

クリスマスの日。保育園でもクリスマス会がありました。キリングループのキャンドルサービスから始まり、歌を歌ったり、クリスマスの絵本を大きなスクリーンで見たり、ペットボトルシアターもあり盛りだくさん。サンタクロースも登場し、大喜びの子どもたち。プレゼントもありとても嬉しそう。楽しい一日を過ごしました。


令和2年12月18日 幼児グループ・てんとうむしちょうちょグループ

創作展で作った大きなふしぎの木は、その後園庭に置いて遊んでいる中で、「自分の家が作りたい。」という子どもたちの

声があがりました。そこで、大きな段ボールを集めて一人ひとりの家づくりが始まりました。何日もかけて形を作り、壁に

絵を描いたり色を塗ったり一人ひとり個性豊かな家が出来あがり、家の中では午睡をしたり友だち数人でごっこ遊びをした

りと、とても楽しんでいます。

てんとうむし・ちょうちょグループも創作展で作ったお菓子の家で、おままごとやお店屋さんごっこをを楽しんでいました。

 

 


令和2年12月3日~5日 創作展

今年のテーマは「ふしぎ・ふしぎ」です。身の回りにあふれている不思議。様々な造形素材や生活の中にある廃材を使って

遊びながら考え・工夫し「ふしぎやなぁ」と楽しんで作った子どもたちの「ふしぎ」な作品の数々。子どもたち一人ひとりの「ふしぎな思い」がいっぱい詰まっています。

 


令和2年11月19日・25日  幼児・てんとうむし・ちょうちょグループ

ふれあい広場に遊びに行きました。赤や黄色の落ち葉がいっぱいです。子どもたちは落ち葉やどんぐりを拾ったり、秋の自然に触れて楽しんでいました。


令和2年11月19日 幼児グループ 

今日は「食育」のお話。給食室の先生が幼児グループの子どもたちに絵本を読みました。

「グリーンマントのピーマンマン」と「くだものなんだ」という絵本です。子どもたちが苦手なピーマンは実はバイキンをやっつけてくれる食べ物なんだというお話、果物の断面のシルエットで何の果物か?を考えるクイズに子どもたちも真剣に話を聞いて答えていました。


令和2年11月9日 幼児グループ

ビオラ・パンジー・スミレ・キンギョソウ・デージー・ナデシコの花をプランターに植えました。

くじを引いて自分の植えるお花を決める楽しみもあり、子どもたち一人ひとり丁寧に植え、水やりをしました。

先日、花壇に植えた水菜や二十日大根も当番グループが順番に水をやり育てています。今日(13日)水菜ごはんにしてもらい喜んで食べていた子どもたちです。


令和2年10月30日 おたのしみ会(幼児)

当番グループ別で仮装して出し物を披露しました。ダンスや合奏など子どもたちみんないい笑顔で楽しんでいました。


令和2年10月30日

今日のおやつはハロウィンということで、「南瓜蒸しパン」です。

南瓜と小豆の入ったフワフワの蒸しパンに海苔で顔を付けました。

幼児さんたちは「うわぁー。顔になってる。」「ハロウィンやし。」「中にも入ってて美味しい。」と大喜び。

乳児さんたちは海苔の顔からめくって食べていました。


令和2年10月30日 お店屋さんごっこ(てんとうむし・ちょうちょグループ)

折り紙やお花紙など色んな素材を使って子どもたちが作ったジュースやアイスクリーム、たい焼き・焼きそば・金魚すくいのお店屋さん。店員さんは三角巾とエプロンをして「いらっしゃいませ。」と声をかけると、チケットを持った子どもたちがお店でジュースやアイスクリームを買いに行きます。

「はい、どうぞ。」とチケットと交換してもらうと持っている袋に大事そうに入れて次のお店へ。

子どもたちみんなとても楽しそうに遊んでいました。


令和2年10月29日 園庭で砂遊び(ありグループ)

10月から4名お友だちが増え、賑やかになった0歳児グループです。

毎日、本園に来て園庭で砂を掴んだり握ったり感触を楽しんでいます。


令和2年10月14日・15日 「ようこそアーティスト」コンテンポラリーダンスワークショップ キリン・パンダグループ

メインアーティスト 千代その子氏とアシスタントをお迎えしました。

風に吹かれる落ち葉になったり、どんぐりころころの歌を身体で表現しました。

子どもたちは一人ひとり自由な発想で喜んで踊りました。

時間はあっという間で「楽しかったぁー」と笑顔いっぱいの体験が出来ました。


令和2年10月9日

今日の給食は、「栗」をたくさん戴いたので栗ご飯になりました。

おやつもスチコンで作ったホクホクの焼き芋です。

食事から秋を感じる子どもたちでした。


令和2年10月7日 キックバイク講習

京都市建設局自転車政策推進室より「キックバイクを用いた子ども自転車教室」が来てくださいました。

色とりどりのヘルメットに軍手・ビブスを付けキックバイクに乗って歩いたり、リング渡しやジグザグ走行などを楽しみました。ゲーム感覚で交通ルールを守って安全に乗る楽しさを学びました。

子どもたちの緊張した顔、真剣な顔、笑った顔など色んな表情が見られました。

 


令和2年10月7日

今日の給食

ごはん

鮭のちゃんちゃ焼き

南瓜サラダ

秋野菜汁

 

鮭にきのこ、さつまいもと秋の味覚がたっぷり詰まったメニューです。

旬の食材を食べて、子どもたちも元気に過ごしています。

 

 


令和2年10月1日 中秋の名月

10月1日は中秋の名月ということで、おやつは「月見だんご」でした。

南瓜の入ったお月様や海苔で顔を作ったおだんごを「お顔ある~!!」と

嬉しそうに食べていました。

夕方にはお月様がベランダから綺麗に見えて、「うさぎさんお餅ついてるとこ、見えるで~!」

「ほんまやぁ」と喜んでいました。


令和2年9月26日 第44回運動会 テーマ「ふしぎ ふしぎ」

今年はコロナ禍での運動会開催になりました。

テーマは「ふしぎ ふしぎ」でプログラムから競技の中でも色んな所に不思議がある内容になっていました。

コロナ対策として競技内容の変更や時間短縮の為、総練習の出来ない中での運動会当日という今までにない形となりましたが、子どもたちは緊張しながらも今まで練習した成果を思う存分発揮し、頑張っていました。

コロナ対策への協力ありがとうございました。前日準備できない中、当日の会場設営・後片付け等にもご協力いただき

ありがとうございました。

 


令和2年9月15日

年長児のキリングループの子どもたちを見て、「やってみたい!!」と年少児のウサギグループの子どもたちも木ぽっくりに挑戦し頑張っている姿です。

今年の運動会はコロナ禍の中での開催となりますが、子どもたち一人ひとり楽しく参加できたらと思います。


令和2年9月11日 実習生のお別れ会

大谷大学から2週間保育実習に来ていた吉原さんのお別れ会がありました。

絵本の読み聞かせや「大きくなぁ~れ」のパネルシアターで盛り上がりました。サックスの生演奏では「さんぽ」「パプリカ」の曲を子どもたちと一緒に歌ったり踊ったり楽しく過ごしました。

吉原さん手づくりのペンダントを渡された子どもたちはとても嬉しそうでした。

最後に「ありがとう。」と子どもたちが描いた絵をプレゼントすると、とても喜んでくれました。


令和2年9月1日 防災の日

いつ起きるか分からない災害の為に、日頃から子どもたちと話し合ったり避難訓練しています。

 

今回、防災用備蓄食品の中から、乾パンをおやつで食べました。初めての食感や味に驚き、何とも言えない表情を浮かべながら「うわ~かたい。」とか「こんなん食べたことない。」「あんまりおいしくない。」と言いながら食べていた子どもたちです。今後も災害時にはいつもと違う食事をすることにも少しずつ慣れる機会を作ると共に、日頃の「食に対する有難さ」を子どもたちに伝えたいと思います。


令和2年8月21日 「地蔵盆ごっこ」

今年はコロナ禍で保護者会の夏まつり・地域の地蔵盆も取り止めになっている所ですが、園で「地蔵盆ごっこ」を楽しみました。

 

子どもたちの作った行灯や提灯を飾り、職員手作りのお地蔵様が見守る中、浴衣や甚平を着てヨーヨー釣りや金魚すくい、ボーリングをしたり、たこ焼き、かき氷屋などお店屋さんごっこをしました。

 

京都ならではの伝統ある地蔵盆を子どもたちに伝えていきたいと思います。

 

*保護者会より ヨーヨー、シャボン玉、福引き景品を寄贈していただきました。

ありがとうございました。

 

 


令和2年8月19日 「おばけ屋敷」パンダグループ(4歳児)

前日に家から材料を持って来て、おばけ作りに取り組んだ子どもたち。

当日はホールがおばけ屋敷になり、乳児さんや幼児さんが入ってくる度「おばけだぞ~。」となりきっていました。

 

 


令和2年8月5日 あり・てんとう虫・ちょうちょグループ

遅い梅雨明けとともに猛暑が続いています。

体調に気を付けながら、子どもたちはプールで水遊びを楽しんでいます。


令和2年7月29日 幼児グループ

 

好きな遊びを見つけて思う存分楽しみました。

 

保育室(知育玩具ワミーやブロック遊び)

まろやかルーム

すみれホール(ボルダリング)

園庭(せみ捕りや水遊び)

 


令和2年7月29日

 献立 青じそごはん

    白身フライのフライ

    青菜の煮浸し

    みそ汁

 

園庭の畑に凛々子トマト、プチトマトが

たくさん実りました。

126個のトマトを使って

トマトソースを作り、

フライに添えました。

「タルタルソースもおいしいけど、

リリコ(トマト)もおいしい~。」と、

喜んで食べていました。


令和2年7月17日 創立記念の集い おはなしコンサート

毎月一回来てくださっている「京都お話を語る会」の方とピアノの秦野先生が来てくださり、「おはなしコンサート」が開かれました。

お話は「ねずみの嫁入り」「おいしいおかゆ」「鳥のみじい」「豆太郎」。素敵な音色と優しい語り口で子どもたちもお話に聞き入っていました。

2階のベランダには全園児で制作した「西院保育園44歳のお誕生日おめでとう」の造形作品を飾っています。


令和2年7月16日 花育活動(4歳児・5歳児)

花育とは花や緑に親しみ、触れる機会を通してやさしさや美しさを感じる気持ちを育む活動です。

子どもたちに切り花を活用した花育のための教材費を府が支援する活動に申し込み、子どもたちがフラワーアレンジメントに取り組みました。

子どもたちは真剣に話を聞いて花の名前を覚えたり、匂いを嗅いだり花の色や形をよく見ていました。

一人ひとり個性あふれる作品になり、出来上がると「お母さんにあげる。」---と大喜びの子どもたちでした。


 

令和2年7月7日 七夕会

 

今年度は新型コロナ感染症の影響で、地域老人交流会は出来ませんでしたが、子どもたちと七夕会をしました。

お部屋の色んなところにある星を見つけて、子どもたちが模様を描いたり色を塗り、きれいな天の川を作りました。

 


令和2年7月7日 

七夕の日 献立 お星さま入りゆかりごはん

         柳川風煮

         酢味噌和え

         すまし汁

 (おやつ)七夕ゼリー 

 

 子どもたちは「お星さまあったぁー。」と見つけて喜んで食べていました。

 


令和2年7月3日 七夕飾り(乳児・幼児)

もうすぐ七夕。今年も家庭で願い事を書いてもらい、笹につるします。

子どもたちもシールを貼ったり、のりやハサミを使って色んな飾りを楽しんで作っていました。

みんなの願いがどうか叶いますように---。

 


令和2年6月30日 えのぐあそび(0・1・2歳児)

 

雨でプールあそびは中止。お部屋でえのぐあそびをしました。

 

透明シートなので、向かい側のお友だちの顔も見えて子どもたちも

嬉しそう。筆を使って線を描いたり楽しんでいました。

 


令和2年6月26日 

 本日の献立 梅じそごはん

       一口カツ

       ねばねばサラダ

       オニオンスープ

 

 (おやつ) 水無月

 

 オクラに長芋、納豆など栄養たっぷりのねばねばサラダは、子どもたちも大好きです。


 

  令和2年6月25日  給食の様子

 

 0歳児さんも一人ひとりの食卓椅子に座り、

 

 スプーンで食べさせてもらったり、手づかみ食べをしたり

 

 先生たちと一緒に楽しく食べられるようになってきました。

 

  

 

  


令和2年6月24日

 

保護者から「紫陽花」をいただき、事務所前に飾っています。

 

紫陽花にも色んな種類があり、花びらの形や色、大きさも

 

様々で、とても美しく心が和みます。


 令和2年6月19日 読み聞かせ(京都お話を語る会)

 

 毎月1回「京都お話を語る会」の方にボランティアで来ていただき、絵本や紙芝居、パネルシアター、

 わらべうた遊びや手遊び、素話など子どもたちに聞かせていただいています。

 今年度は新型コロナ感染症の影響で、今日が初めての読み聞かせ。

 子どもたちもとても嬉しそうにお話の世界に浸っていました。


 令和2年6月17日 グループ活動(幼児)

 色水遊び 

 マーブリング

 ローラー遊び

 糸でんわ作り


令和2年6月12日 交通安全教室(幼児)

 

右京警察署から3人のお巡りさんが来てくださって

道路を渡る時の「止まる」「見る」「聞く」の3つの約束に

ついて、お話を聞きました。

 

道路にボールを転がして取りに行く練習もしました。

一人ひとりが順番に3つの約束を守り、道路を渡っていました。

 


令和2年6月9日 泡遊び(0・1・2歳児)

 

ボディーソープを使っての泡遊び。

 

タライいっぱいに泡を作りました。

 

触るのが苦手な子どもも、そっと手を伸ばしてフワフワモコモコの

 

感触を楽しんでいました。


  令和2年6月5日 屋上で水遊び

 

 朝から日差しが照りつける暑~い日。

 

 0歳児さんたちも分園から本園に来て、屋上で水遊びをしました。

 

 パシャパシャと水を触って感触を確かめたり、気持ち良さそうに

 遊んでいました。


令和2年6月4日 寒天あそび(1・2歳児)

 

アガー(海藻を原料とした植物性のゼリーの素。透明度が高くぷるんとした弾力のある独特な感触や食感が味わえる)で作った寒天に食紅(赤・黄・緑)で色をつけています。

 

寒天ほど固くなくて、冷たくてプルンプルンした感触にいつもは触るのが苦手な子どもたちも、思わず両手で気持ちよさそうに触って遊んでいました。

 


令和2年5月27日  布ぞうり

 

先生たち手作りの「布ぞうり」

足の指が”パッ”と開いてとっても気持ちがいい☆

 

「するするスケートできるなぁ」

「床をそうじしてるみたい」

「どう?私たちのぞうりステキでしょ!」

 

たのしそうな声がたくさん聞こえてきました。

 


令和2年5月26日  スパイダーマンごっこ

 

子どもたちと先生で指先をつかって、綿ロープ・毛糸・布・リボンなどいろいろなひもを園庭じゅうに張りめぐらせました。

 

できあがると、ひもに引っかからないようにくぐって遊び、大喜びの子どもたちでした。


 令和2年5月22日

 

 本日の献立

 

 ごはん

 茄子のはさみ揚げ

 青菜のおかか和え

 すまし汁

 

大人気の「蓮根のはさみ揚げ」は、蓮根高騰の為、「茄子のはさみ揚げ」に変更となりました。

幼児グループでは、茄子が苦手な子もチラホラ---。

でも、一口食べると「おいしーぃ!」と言って完食していました。

 

 

 


 令和2年5月21日 凛々子トマト・プチトマトの苗植え

 

 今年度も「KAGOME 凛々子(りりこ)わくわくプログラム」の

苗を申し込み、凛々子(りりこ)加熱用・生食用ミニトマトの苗が届きました。

 早速、幼児グループの子どもたちは園庭の花壇やプランターに、乳児グループは屋上で保育士がプランターに植え、子どもたちと水やりをしました。これから、収穫できるまで子どもたちと大切に育てたいと思います。

 

 園でも家庭でもトマトを育てる実体験を通して、収穫する楽しさや食べられる喜びを味わってほしいと思います。

 


 令和2年5月14日 園での様子

 

 園庭にある柑橘類の木に毎年アゲハ蝶が卵を産みます。今年もレモンの木に幼児グル-プの子どもたちがアゲハ蝶の幼虫を見つけ、葉っぱをあげたり観察しながら育て、大きくなるのを楽しみにしています。

 アゲハ蝶だけでなく、モンシロチョウやアオスジアゲハなど色んなちょうちょが飛んでくるので、その度に子どもたちはそっとそばに近づいて、じっと見守っています。


令和2年5月13日 弁当の日

 

 今年度初めての弁当の日は、新型コロナウィルス感染症の影響で

中止となりました。

 子どもたちは楽しみにしていたので残念でしたが、保育園全体で

「シールラリー」をしました。ボール当て・宝さがし・リトミック

・サーキットを各保育室で楽しみ、シールを集めると嬉しそうな子

どもたちでした。

 屋上で手作りお弁当を食べて、ピクニック気分を味わっていた子

どもたちです。


 令和2年5月8日 屋上での様子

 

 青空が広がり、風も心地良く園外保育に出かけるにはとても気持ちいい季節です。新型コロナウィルス感染症のこともあり、子どもたちはなかなか公園やお散歩に出かけることが難しい状況です。

 子どもたちが安全に遊べるように、屋上に小さな公園を作りました。

 巧技台や三角梯子を組み立て登ったり渡ったり滑ったり、ジャンピングマットで飛び跳ねたり、鉄棒にぶら下がって体を動かしています。

社会福祉法人すみれ会 西院保育園

電話 075-311-3412

FAX 075-321-2857

 

所在地

〒615-0036
本園 京都市右京区西院太田町80
分園 京都市右京区西院高田町2番地